So-net無料ブログ作成
検索選択
今日の出来事 ブログトップ

 働く三輪車         [今日の出来事]

  









         在インドの Musuko No2 から




         現地報告メール?が来ました





     
インド三輪220170501.jpg




          インドの街角で見かけた 働く三輪車^^です











          以前 インドの三輪タクシーを紹介しました


インドの2サイクル.メーターs2.jpg















          産業活動の現場で働く三輪車もいたのですね




インド三輪20170501.jpg




インド三輪320170501.JPG



         なんと トレーラー仕様




         逞しく働く姿






         平地走行なら問題ないとしても




         上り傾斜のある道では どうかな?






         坂の多い長崎の町では 使いにくいだろう




         エンジンの出力 大きくないようだし ・・・










         坂道の多い日本には適しない車?









         いえいえ このような車




         実は 日本でも働いていたことがあるのです






軽三輪ミゼット.JPG





         太平洋戦争で 徹底的に破壊された日本




         竹槍で米軍と戦かおうとした日本




         輸送手段は 牛車や自転車も現役だった日本







         戦後復興期に




         原動機付自転車 バイクが生まれ





         その発展型で 



三輪スクーターバイク.JPG





三輪バイクトラック.JPG



         オート三輪が生まれました




軽三輪2.JPG




         バイク改造の姿を色濃く残すデザインから




軽三輪ミゼット2.JPG




         屋根がつき サイドドアがつき



         バーハンドルから 丸ハンドルへ






         今の軽自動車の原型が出来ました




         ( 以下を参考にしました ☟ ☟ ☟ )

         https://matome.naver.jp/odai/2140183717713057401










         そんな昔を話す お前は何者か ^^






         古い奴だと お笑いでしょうが^^






         そのころの自分





         もちろん 独身  青春謳歌の時代^^を



         過ごしていました



ホンダCB250三根s5.jpg




         こんな姿です





         バイクは業務用車両




         ヘルメット着用は義務ではありませんでした




         もちろん 下駄では運転しません









         そして こんな姿も

         

エルとs6.jpg




         相棒のワン公は エルといいました



         優しい性格の 女の子でした





         あ これ  遊びの世界の姿です^^








         今のインドの車から 古き日本、復興期の車の姿




         そして 若き良き?自分の姿まで






         お付き合いいただき感謝です







 出所日の朝       [今日の出来事]

    



    
 
出所日の朝s8.jpg



         独居房から見る 日の出



         もう 何回目の朝 か ・・・




         釈放される日を心待ちにして もう3週間ほどになる



独居房 景観2s8.jpg



        室内暖房 エアコンは低めに設定してあり



        室内では気温の変化を感じない



        外気温は変化してるようだが 肌に感ずることはない







タグ 細腕 改.jpg




         我が腕には 認識番号の入ったバーコード腕輪が




         薬剤投与のとき 採血のとき その他もろもろの測定時




         検査の都度



         読み取り機を当てて 本人確認をされます





         そして さらに



         「あなたのお名前は?」と 




         女性看守人の質問に答えねばなりません




         こちらの意識状況を確認しているのか




         念には念を入れ 本人確認に万全を期しているのか












         ぶっ倒れたのは 2月の末でした




         深夜 2度ほどの身心異常



         翌早朝 本格的ぶっ倒れ



         即 緊急入院 そのまま処置 留め置き でした







独居房 食3・3 改.jpg



独居房 朝食 改1.jpg



         与えられる食事



         厳しいカロリー制限 塩分制限あり です





独房食1 改1.jpg




         え これだけ? と思っていました



         でも 慣れるのですね



         そんなに空腹を感じなくなりました





         逆に 家での食事 



         どんなに暴飲暴食 不摂生な食生活であったか



         反省です





         早く


201509Ohike.PNG



         こんな生活 取り戻したい



         強い願望でした






独居房景観1 改.jpg




         独居房の外


         天気良し




         川岸の道路を走る車 バイク



         気のせいか いつもより速いみたい





         女性看守人のオネエ様に



         ああ 外へ出たい ・・・ とつぶやきます




         オネエ様が



         脱走はだめですよ 私たちが探さねばならないから と





         ということは 脱走事件もあるのだ^^





         脱走 自分はだめ



         だって 靴下から下着 私物の衣類は一切なし



         もちろん 財布もカードも





         皆 オク様がもっていってしまって ・・・




         自分が着てるのは 院貸与の服のみ 



         パンツさえ穿いて無いのです




         これじゃ 逃げられない



         外うろうろしたら 即再逮捕 です







タグ外し 改.jpg




         体力の回復を感じ始めたころ



         仮出所の許しがありました





         認識票 オネエ様が外します




         しかし 保護観察の身 しっかり出頭日の指示を受け



         自宅謹慎の身での保釈 でした








         そして 本日30日


         お代官さま 主治医の先生からの出頭命令の日です




         裸にされてもいいように


         風呂にも入り きれいな肌着に替えて 


         しおらしく 出頭します



         血液採取 尿採取


         心電図 とか エコーとか


         あっちこっち弄くられて 判決言い渡しです




         やはり 無罪放免とはなりませんでした



         真面目に 言いつけたことを守っているようだ



         改善のあと 認めるも まだ放免というところまでは・・・と



         4月の出頭日を言い渡され 本日の出頭は終わりました






         阿蘇の黄すみれ 見に行けるかな ?



         もう 春のきのこも顔を出すころ だよな







 メンテナンス走り          [今日の出来事]

 






                ( 26日 )
 
  
P1263866s4.jpg





      久しぶりの いい天気




      本日 気温 低めだけど 風 なし







      休眠してるPSクンを 起こします^^





      さあ 散歩に行くぞ




P1263861s4.jpg



P1263862s4.jpg



      と いうわけで




      トコトコやって来ました 諫早湾干拓道路





P1263856s4.jpg





      出水の鶴



      北帰行が始まったというのに





      こちらの鴨



      至って のんびりそうに見える




P1263859s4.jpg


     

P1263860s4.jpg



      風 冷たいが


      


P1263858s4.jpg



      春は そこまで



      来てる






P1263863s4.jpg



      雲仙の普賢岳は ・・・




P1263872s4.jpg



      まだ 冬  ですね








P1263875s4.jpg





      振り返って見る多良岳






      こっちの春が



      早い かも







      さあ 燃料補給して 帰ろう






      春よ来い 早く来い



      遠出したい の思いが 強まります^^








 あの世からの便り         [今日の出来事]

 
  



  

 
 P1203853s4.jpg


 

     いただいた年賀状の整理が 一段落したころ



     一通の 白い角封筒の配達があった



  P1203849s4.jpg



     差出人は 女の人


     誰 ?



     心当たり 無いのだけど ・・・






P1203852s4.jpg



     あて名は 確かに自分です




     開封します




     中に はがきが一通 そして


     挨拶状が添えてありました



       初めまして kiyoの娘で hiroと申します

      母の亡くなりました後 母のバッグから 

      hizen様あての同封のハガキを見つけました。

      本日 送らせていただきます。

      生前中はお世話になり ありがとうございました。




     え kiyoちゃんの娘さん?





     kiyoちゃんは 中学 高校の同級生で

     
     気立ての優しい 愛想のいい女の子だった



     結婚して 娘さんが生まれ まもなくご主人に不幸があり


     女手ひとつで育てていた




     近年は老齢の母親のお世話もあり


     苦労多々と聞いていて 地元のクラスメートの男性女性


     何かとお手伝いを気がけていた




     老母上様が3年ほど前 あの世に行かれ 


     やっと少しは楽になったかな というところだったのに


     今度は 自分が ・・・





     同封のハガキ


     彼女が生前書いていたハガキだったのです 



     これからはいろいろ参加が出来ると 喜んでいる文面でした




     そして 投函する前に あの世へ ・・・



     それも 12月も押し詰まって 突然の死去だったのです





     彼女は 敬虔なクリスチャンでした



     葬儀に たくさんのクラスメートが参列している様子



     後日 別の友から送られてきました



                合 掌






P1203847s4.jpg






 もう届いたよ 年賀状           [今日の出来事]

 



 

         ( 26日 )


      師走ですね 


      ジングルベルも 達郎のクリスマスイブも



      ピタッと止んで





      いよいよ 謹賀新年へ向けて



      日本の正月へ です





      そんなとき



PC273768.JPG



      来たのです 年賀状



      確かに 酉年




      でも どこか日本的でない^^








PC273769.JPG




      そうです  中国の Kou さんからの年賀状です







      彼 きのこの研究研修で来日 一年ほど一緒でした




      きのこの研究のみならず



      日本の 長崎の人との付き合いも大事にしていました





      3月 帰国前の最後の研修?は




      「 先生 わたしパチンコに行ってみたい 」と



      彼 私のことを先生と呼んでくれてました^^






      パチンコ研修



      あの騒々しい場内に 最初びっくり




      体験のため 玉少々渡し 台に向かいます




      きのこの研修より真剣な?まなざし^^







      帰国後 彼はきのこの指導者 研究者として活躍でした




PC273770.JPG



      年賀状に 抽選番号が ・・・



      賞に当たっても 確かめるの無理だよね^^








      

      皆様 今年一年のお付き合いに感謝申し上げます



      2017年 どうぞよい年でありますように





 

      


      
今日の出来事 ブログトップ