So-net無料ブログ作成
きのこ ブログトップ

想い焦がれて30年 やっと会えたね モミタケ     [きのこ]

   





             ( 8月28日 )

  
P9014732s4.jpg



        多良岳界隈に残る モミの木の自然林





        ずいぶん前から モミタケ 出るだろうと狙っていた




        何年も 何回も探索するも いつも空振り





        そのうち



        「 モミの木 老木化し きのこも嫌ってるのかも 」 と



        勝手に理屈付けし




        探す情熱が 冷めていた






        そんなとき




        Yさんから 「見つけたよ」って 連絡が ・・・







P8284609s4.jpg



         それ行け 





         我が家から 



         PSクンで 40分ほどの近さ





         それ行け です




P8294642s4.jpg





         Yさん撮影の モミタケ幼菌




         発見日 27日の撮影です



    201708 27 モミタケ幼菌 山川.JPG



    20170827モミタケ幼菌3 水神様 山川.JPG







         翌日 28日から



         モミタケの元へ




         惚れて通えば 千里も一里 




         です^^





         ( 28日 Pm )


P8284623s3.jpg






         ( 29日 Am )


P8304662s3.jpg




         ( 29日 Pm )


P8304686s3.jpg






        


P8304698s3.jpg








         ( 30日 Am )


P8314700s3.jpg





P8314708s3.jpg





        きのこ仲間の 情報ネットワークで





        今日は Nさんと Eさんも 参戦です




P8314710s4.jpg




        きのこは 巧みにカムフラージュしていて




        案内人がいないと 簡単には見つけられないようにしています




           ( 31日 Am )


P9014711s3.jpg



        モミタケ 徐々に成長です




        


P9014720s3.jpg





         (  1日 Am )



P9024737s3.jpg




        ヒダを覆っていた被膜が破れ



        傘の裏 見えてきました





        きのこの成人式 です







        ( 2日 Am )


        きのこ 見ごろの情報で


        本日 きのこ仲間の Oさん Yさんも参戦しました





        しっかり 大人になったモミタケ


P9024741s3.jpg





        ここから放出された きのこの種子 胞子が



        森の微風に乗って



        新しい生活の場を求めて 旅立ちます







        モミタケの成長を見届けて




        30年余の想いを 叶えてくれたモミタケに




        感謝をこめて




        さよなら でした
















nice!(16)  コメント(2) 

 この暑さにも負けず ベニヒダタケ たぶん     [きのこ]

   




             ( 18日 )


   P8184571s4.jpg






         真夏の暑さが続く毎日です



         団地の片隅 あまり通らない小道 近道しました



   P8184567s4.jpg






    P8184565s5k.jpg





          枯れた切り株に



          何やら きのこ が




          真夏 気温33℃  カンカン照りの中





          きのこの立ってるあたりは




          おそらく 40℃を超えているはず







          なんと たくましい







          まだ 傘はしっとりと水分を保っている







          そうですよね




          彼らだって 生きてゆかねばならぬ




          胞子を飛ばして




          新しい 生きる場所を探さねばならない












          きのこ2・3個 頂いてかえります





    P8184573s3.jpg




    P8184576s3k.jpg







      P8184577s6k.jpg




         これ たぶん 




         ウラベニガサ科の ベニヒダタケ でしょう




         傘の裏側 ヒダのあたり うすい紅色をしています








         3日ほど放置して観察するも




         この色 変化しませんでした






         食えるか? ってですか?





         食用可の記載あります が 




         推奨きのこではないようです







         試しに食ってみる ?




         止めました





         ただでさえ 食中毒を警戒する季節です




         君子 危うきに近寄らず 




         です^^







nice!(18)  コメント(2) 

 純白の ・・・ 天使?         [きのこ]

  





P6294399s4k.jpg




         朝 ~





         日よけの胡瓜棚の根元に




         何やら 白いのが ・・・





P6294413C.jpg




         きのこ ですね





         小っちゃい 可愛~い きのこ








         何かに似てるって ?








         そう言えば そのようにも^^ ・・・











         次の 朝~



P6304417s6k.jpg




         傘を開き 大人になってました






P6304419s5改.jpg




         穢れを感じさせない 真っ白な姿






P6304426改.jpg



         でもね 怖いんです





         この手の きのこ




         猛毒のが多い





         要注意 です



         









         たぶん これ テングタケの仲間






         ヒメササクレシロオニタケ(仮・池田)





         と 思うけど ?









きのこ ブログトップ