So-net無料ブログ作成
検索選択

 知覧 川内 宇土 長洲  まわり道(2)      [旅バイク]

 
 
 
 
 
 

PB063623.JPG




     鰻池から引き返し R226へ乗ります



     開聞岳が真正面






PB063626.JPG




      そして きのう休んだ 瀬平公園



      今日も 素晴らしい^^




      ◆瀬平の由緒
       山川から頴娃麓に通ずる道には,開聞の苙口(おろんくち)から
      町頭に出る荷辛路(にからじ)峠越えと,この瀬平渡りの2つの道
      筋がありました。瀬平渡りは,海に突き出た岩と岩の間隙を波しぶ
      きを浴びながら跳んで渡るので,老人や女子,子供は一人では通れ
      ない難所でした。この難所に瀬道ができたのは元文3年(1738年)
      頃のことです


     とのことです (南九州市 頴娃の見どころ より)



PB063625.JPG




     ここで相棒PSクンを入れて 



     はい パシャ







     今日の走り あまりゆっくりは出来ません



     天草経由で フエリー2度乗りの帰宅のコース



     時間的制約あり です







     次の目的地は 知覧



PB063629.JPG



     天気よし 微風




PB063627.JPG



     快走 快走






PB063628.JPG





PB063631.JPG




     石灯篭がならび



     慰霊の気持ちが 徐々に湧いてきます







PB063632.JPG



     そして 到着






PB063633.JPG






PB063634.JPG







PB063646.JPG




     整理・誘導の方に指示されたPSクンの待機場所



     体育館の横でした





PB063637.JPG




PB063638.JPG




PB063644.JPG



     今日は日曜日



     入館者に若い人が目立ちます




     館内での撮影は禁止です




     外からパシャやった一枚



PB063643.JPG



     展示資料 写真



     特攻で飛び立った彼ら



     青少年 まだまだ遊びたい年代の若者達だったのですね




     特攻.JPG



PB213685.JPG
                        (案内パンフレットより)









     彼らの待機・宿泊所



PB063640.JPG


     三角兵舎 



PB063641.JPG






PB063642.JPG




     この寝床で 何を思ったか



     遺品 遺書に



     母を家族を思うひたすらな気持ちが読み取れます





     なぜ こんな末期的戦いになる前に



     終わりに出来なかったのか





     今の我々とは違った政治体制 軍部の力が絶大だった時代



      「 進め一億 火の玉だ 」


      
     このようなスローガンで 国民を煽っていたのです



      
     あ それから こんなのもありましたね



      「 欲しがりません 勝つまでは 」





     今は 物が溢れている時代



     我慢なんてこと 重要視されてませんね 













     知覧を出て 次の目的地は 長島蔵之元



     天草へのフエリー乗り場です







PB063647.JPG



     道々の自販機  水分補給所です




PB063648.JPG



     PSクンだって休憩したいでしょう^^






     走って 走って 川内  今は薩摩川内市



PB063650.JPG



PB063649k.jpg




     広い国道3号線を封鎖して



     祭りをやっている




     狭いう回路へ誘導されます



     渋滞も発生  間違えた道に入り タイムロスです













     まあ いいや で



     走って 走って オシ❍コタイム







     ・・・西方海岸(人形岩)は薩摩川内市西方地区の風向明媚な海岸であり、

     ドライブ途中の 休憩に良い場所. ・・・



     と 案内の


PB063652.JPG



     西方海岸で小休止です





PB063653.JPG



PB063656.JPG



PB063659.JPG



     ここでタイミングよく 携帯が ・・・






     どこかで行倒れしてないか^^



     確認の電話でした







     オクさまから? いえいえ餓鬼仲間からです





九州西岸2.JPG



     阿久根から長島へ



     走り快調



     でも 川内で祭り遭遇 ロスタイムが気になります




     そして このいやな予感は 現実となりました







     休みも取らず 写真も撮らず 走ってきたR389





     着いた蔵之元 フエリー乗り場はガラーン



     ついさっき 出たばかりでした




     次の便は1時間20分後 最終便だそうで



     やれやれです





     チケット売り場で お金をだして



     ハッと気づきました



     「 鬼池・・・口之津 」の最終便 間に合いますよね





     アウトでした




     冬ダイヤで 自分の考えていた最終便は出ないんだって




     そしたら 天草へ渡っても つぎ行けないじゃないか





     チケット売り場の別のおねえさんが 言います



     八代まわって 宇土へ出て 熊本・長洲に回ったら ・・・と





     そうだ あそこの最終便は20:00だ




     急遽 お金を引っ込めて 



     お礼を言って さあ阿久根 R3へとGo です



     



PB043463.JPG



     この橋 この旅で 3回目の渡りとなりました^^







     心は急ぎ ついついアクセルに力が入ります






     途中の信号待ちで 地元車でしょう 軽トラがいやにのんびりです




     しかし 私はおとなです 急ぐ心を抑え



     鷹揚に ペースを合わせます





     正解でした





     少し進んだところ 緩い下り坂のところで



     制服公務員の方々がいらっしゃるではあ~りませんか



     地元の方 知ってたのですね レーダー設置



     感謝









     R3へ入って 北上します  





     途中津奈木あたりから 高速です



     八代近くまで無料区間ありです



     そして松橋で下りて宇土へ







     秋の夕暮れ 暗くなるのは速い


PB063660K.jpg



     夜の自販機コーナー こころが安らぎます




     昔 四国を夜走りしたときの



     自販機の明かりの安らぎ 感慨 思い出しました










     走って 走って 長洲港



     最終便出港30分前の到着 余裕^^    




PB063662.JPG



     でもね 出札のおねえさま



     急いで乗船場へ行け という




PB063663.JPG



     多比良港から 臨時便が入り



     折り返し すぐ出港するのだと



     ラッキー 





     帰りは終盤で 二つ目のラッキーをいただきました





PB063664.JPG





     船上から見る 港のあかり



     いよいよ 旅も終わりって気持ち です









     多比良港から 小一時間で我が家でした




     本日の走行 395Km



     まだまだ走れる^^かも と変な自信です



     




     お付き合いいただいた皆様 ありがとうございました。


   





  
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

sukesaburo

お帰りなさぁい。

お疲れ様でした!


by sukesaburo (2016-11-22 09:47) 

肥前のFe

sukesaburo 様
 ありがとうございます
 気ままなひとり走り 堪能でした
 今年 もう少しは走れそうですね
 阿蘇に残っている宿題が 少し気がかりです^^
by 肥前のFe (2016-11-23 07:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0